なぜ、幼児教育が
必要か

高まる幼児教育の
必要性

これからの未来を担う子ども達にとって必要な力とは何でしょうか。

それは社会で生き抜く人間力であると私たちは考えています。人間力とは人間性と社会性で成立する力ですが、人間性の育成には、音楽や芸術や自然を通じて、子供の頃から真善美に触れることが重要です。

また、社会性とは、「適正解を発見する力」であると私たちは考えます。適正解は事象と事象の相関関係やその時の状況などの様々な要素により変化します。適正解を見つけるためには、これら1つ1つの要素を理解する必要があり、その要素を理解・把握する力こそが学力です。学力とは原因と結果の因果関係の中で問題に対する答えを導く力です。

万緑会で
幼児教育をする理由

万緑会では、物事の因果関係による理解と把握、相関関係による関連・共通・つながり、それらを発見する視野などを育成することで子ども達に「社会性の基盤となる確かな学力」を身に付けさせ、これからの社会の中核をなせる人間力育成の一翼を担いたいと考えています。

子供達がこれから生きていく社会では、人口と就労者人口減少による経済縮小は避けられません。ご存知の通り、大企業はすでに雇用を海外に向けています。子ども達は今後さらに進む日本の経済縮小とグローバル化の中で、就職ですら世界と戦わなければならないようになります。

そのような社会状況の中では優秀な人材が更に求められ、学力やその尺度となる学歴がその選択基準となることは明らかです。学力が、子ども達に職業選択の自由を与える風潮は、一層強まると考えられます。

また、そのような社会の中では、生涯を通して学び続け、自分自身で環境に適応していかなければなりません。

万緑会の
目的

万緑会のプログラムの目的は、脳科学や発達心理学、また様々な教育理論に基づき、子ども達が今後生きていく社会の中での生涯学習の根本となる、「主体的な学習態度」、「合理的思考法に基づく問題解決能力」を育成することにあります。

万緑会についてへ戻る